(第8回)幹細胞、再生医療の最先端をいく血液学(後編)

図8-1~3:メチルセルロースコロニーアッセイ
血液幹細胞を含む骨髄細胞をメチルセルロースというやわらかな寒天培地のようなところにお互いが触れ合わないようにごく少数を埋め込んで培養すると、数日後には細胞が増殖したり分化したりしてコロニーを形成する。(図8-1)
コロニーは様々な細胞で構成されているが多くは一見したところ大きな違いはなさそうに見える。(図8-2)
しかしこれを顕微鏡下で拡大するとその色や形状の違いが観察され、さらに染色することにより、核の大きさ、形などの違いがはっきりとあきらかになる。(図8-3)

このことから、このコロニーを作ったもとの一個の細胞は赤血球コロニーであれば赤血球のプロジェニター細胞(赤芽球)であることが予想され、白血球であれば白血球のプロジェニターが存在していたことが予測される。しかしこれは振り返って予想したことであり、もとの細胞の実体は明らかではない。これをレトロスペクティブ(後ろ向きの)解析と呼ぶ。
(写真は東京大学医科学研究所 辻浩一郎博士撮影・提供)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT