172万人--専門的・技術的職業に就いている非正規雇用者(2008年)《気になる数字》

総務省「労働力調査」によると、パート、アルバイト、派遣、契約社員などの非正規の職員・従業員は2008年平均で1760万人、雇用者全体に占める割合は34.1%に達した。02年からの6年間に309万人、4.7ポイントもの増加である。

職業別では、派遣法改正を受けて派遣者数が急増したのが、製造業を中心とする「生産工程・労務作業者」。増加数(100万人)は、全業種の中で最多だった。生産工程・労務作業者全体では微増にとどまっており、この間に正規から非正規へのシフトが進んだこともわかる。

これに対し、雇用面で日本経済におけるウエートが高まっている医療、教育、情報通信、機械系製造業、専門性の高いサービスといった「専門的・技術的職業」や、介護など福祉関係を含む「保安・サービス職業」の場合は正規雇用も拡大傾向だ。このため、非正規の増大ぶりがさほど目立たないが、この6年間の増加率は生産工程・労務作業者を上回る25%前後、実数もそれぞれ172万人と353万人に達している。1995年の日経連の提言にあった「高度専門能力活用型」による労働力の弾力化が浸透したといえよう。

それだけに、非正規の削減に頼った雇用調整の実施は企業や事業を支える現場力や技術力の毀損につながりかねない。不安定で低位な労働条件にある働き手、そして正規雇用者の労働負荷が一向に低下しない状況を放置することは許されない。
(東洋経済統計月報編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT