米国で飼育放棄の犬や猫など約700匹を保護

民間動物保護施設が飼育放棄

 1月30日、米ノースカロライナ州レイフォードにある民間動物保護施設(シェルター)の経営者2人が動物虐待や規制薬物所持の容疑で逮捕・訴追された事件があり、不潔な環境に置かれていたこの施設の犬や猫、馬などの動物約700匹がこのほど救出された。提供写真(2015年 ロイター/ASPCA/Stacey Axelrod/Handout via Reuters)

[30日 ロイター] - 米ノースカロライナ州レイフォードにある民間動物保護施設(シェルター)の経営者2人が動物虐待や規制薬物所持の容疑で逮捕・訴追された事件があり、不潔な環境に置かれていたこの施設の犬や猫、馬などの動物約700匹がこのほど救出された。

地元保安官事務所によると、1月27日に逮捕されたのはスティーブン・スピア容疑者(67)とリンデン・スピア容疑者(59)。両容疑者は無認可で敷地面積122エーカー(約0.49平方キロメートル)に及ぶ動物向けシェルター「ヘブン・フレンズ・フォー・ライフ」を運営していた。

これを受け、アメリカ動物虐待防止協会は3日間で、劣悪な環境に置かれ、飼育放棄されていた約350匹の犬、280匹超の猫、47頭の馬のほか複数の家畜を保護。健康状態を調べたところ、傷を負ったり、衰弱したり、呼吸器系の病気を抱えたりした動物がいたほか、犬1匹は足を骨折していたという。

両容疑者は地元メディアによると保釈されているが、コメントを得ることはできなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。