”生食べ”で美男美女に!? 米国のローフード人気は不況知らず



 米国でのローフードは、西海岸のカリフォルニア、特にハリウッド周辺で盛んだ。有名デザイナーのドナ・キャランがローフードで体重を約20キログラム減らし、デミー・ムーアが映画撮影前にロサンゼルス近辺のローフードレストランに通ったりして、体重を減らし、肌をきれいにした。メル・ギブソン、ユマ・サーマンもローフード実践者だ。

こうした体重調整が仕事に欠かせない有名人たちのネームバリューもあり、ローフード人気が庶民にも広まってきている。最近では日本でもローフード実践者が少しずつ増えている。

サルマはニューヨークだけにとどまらず、東京やロンドンへの出店も考えている。ローフード料理の共著の後、6月には単独の著書が出る予定。また、ローフードをオンラインで販売するeコマースのワン・ラッキー・ダック社を2005年に設立した。

「世界に出荷しているけど、日本からもオンラインでローフード食品の発注があるの」と、サルマ。派生ビジネスとしてスキンケア製品、オーガニックな服飾品、アイスクリーム、健康雑誌出版、ローフードのペットフードなどへの進出も考えている。レストランと合わせ、2008年度の売り上げは440万ドルだった。

関連ビジネスも盛んだ。現在のローフード・ブームの火付け役ともいえるデビッド・ウルフが、オンラインで有機ローフード食材販売を手がける(www.sunfood.com)など、ローフードはネットビジネスでも注目のジャンルだ。

また、北カリフォルニアのフォート・ブラッグ市にはローフードの料理教室があるが、1日コースが365ドル、5日コースが1575ドルとけっこう高い。料理器具関連では、約500ドルのミキサー、低温の乾燥オーブン、ディハイドレーター(食物乾燥機)が約200ドルから。調理時間が時に24時間かかるものもあり、手間暇がかかるため、ローフード関連製品の価格は高め。

美と健康を武器に、ローフード・ビジネスは、大都市を中心に、不況をはねのけて伸びそうな勢いだ。


■ピュアフード・アンド・ワインのほかにも、ローフードレストランが増えている


■テイクアウトのサラダ店もニューヨーカーに人気だ

(Ayako Jacobsson =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。