通勤電車の座席をめぐる「仁義なき戦い」

鉄道会社は改善するつもりがあるのか?

眠って隣人にもたれかかるリスクもなくなるし、お年寄りや足の不自由な人が、立ったり座ったりする際につかまることもできる。

おそらく、いわゆる「直角組み」も防げる。ほどほどに空いていると、くるぶしを膝頭に乗せて靴底を他人に向けて足を組む、いわゆる直角組みの男性が増える。座席の奥行きよりも奥行きが深い仕切りがあれば、邪魔になって直角組みはやりにくくなるだろう。

直角組みは、日本人女性の場合は、パンツスタイルの人でもやっているのを見たことはないが、欧米人だと男女ともによくやっているのを見かける。

座席は減るがトラブルも減る

画像を拡大
男性客に多い足組みもトラブルのもとだ(写真:よっし/PIXTA)

だが、直角組みを許容する女子は極めて少数派だ。軽い殺意すら抱かれるほど嫌がられると思った方がいい。

靴底が他人に触れさえしなければいいと考えている男性は結構いるらしいが、他人に靴底を向けられること自体が失礼極まりないと感じるのは、どうやら女性だけではないらしい。

「自分がやられて嫌なことは人にもしない」は人としての基本だが、直角組みをする人が、自分がやられても嫌だと感じないのだとしたら、嫌だと思う人が相当数いることを知ってもらわねばならない。もっとも、自分の査定権を握る上司が隣に座っていても、その上司に靴底を向けて直角組みが出来るという人がいたら、是非お目にかかってみたい。

仕切りを設けるために一人分の座席が減ったとしても、その方がおそらくトラブルは減る。鉄道各社の方々、一笑に付さずに是非検討してみていただきたい。
 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT