社長を刺せない「社外取締役」は不要だ

なぜ日本の経営者は順張りしかできないのか

こうした日本の企業の中で、きちんと会社を「社内の論理」ではなく「社会の公器」として機能させ続けるには、どうしたらよいのだろうか。内部だけでなんとかしようとしても限界がある。だから、制度化された「外圧」を利用するしかない。その外圧とは、株主総会であり、社外取締役である。

社長を動かすのは論理よりもしつこさ

「日本の社外取締役はしょせん社長のお友達だから、厳しいことは言わない」という批判もある。社長のお友達が社外取締役になっても別にかまわないが、その人のことを大事に思うならば、刺すべきときは刺すのが本当の友情だろう。少なくとも私ならそうする。

社外取締役の仕事は、会社は「社会の公器」という視点から、ステークホルダー全体の長期的な価値の向上を考え、経営状況を監視し、必要であれば進言することである。

もちろん、社外取締役が「あの事業はもうダメだから手放せ」と言っても、社長は簡単には首を縦に振らないだろう。いくら論理的に正しくても、共同体内の論理や社長の順張り志向にはなかなか勝てないのだ。

ただし、乾坤一擲(けんこんいってき)の進言はあまり効果がないが、あきらめる必要もない。私の経験からすると、3年くらい「あれ、どうなった?」と言い続けると、社長も聞き入れてくれるものである。単純に、しつこさに根負けしたということもあるだろうが、日に日に業績が悪化していくことで、「だから私が言ったとおりじゃないですか」と、こちらの主張が立証されていくからだ。

社外取締役が責務を果たすためには、経営者に論理で負けないことも重要だが、それと同じくらい、粘り強く訴え続けるしつこさも重要なのだ。

(構成:長山 清子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT