ニトリ社長「退任じゃない、死ぬまで現役だ」

カリスマ創業者が社長の座を譲る理由とは?

社長交代会見に臨む似鳥社長(右)と白井次期社長。似鳥社長は「生涯現役」への強いこだわりを見せた(撮影:風間仁一郎)

「『退任』という一部報道があったが、退任ではない。くれぐれも誤解がないように」――。そのコメントは、社長の座を譲るというより、生涯現役のニュアンスを強く感じさせるものだった。

ニトリホールディングスは1月26日、創業者の似鳥昭雄社長(71)が会長に就き、白井俊之副社長(60)が社長に昇格する人事を発表した。2月21日付で似鳥氏がCEO(最高経営責任者)に、白井氏がCOO(最高執行責任者)となる。似鳥氏は「私がロマンとビジョンという方向・方針に責任を持ち、白井が方法と手順を執行する」と、両者の役割分担を説明した。

1967年に札幌で創業したニトリを一代で家具製造・小売りの国内最大手に成長させた、カリスマ経営者の似鳥氏。2017年に創業50周年を迎えるタイミングでの社長交代について、「白井は新しい時代を切り開くにふさわしい。今までを否定し、新しいやり方で成長を果たしてもらいたい」と語った。

ただし、冒頭のコメントにもにじむように、第一線から退く気はさらさらなさそうだ。「3月で72歳になる。普通の会社だったら定年を過ぎているが、まだまだ気力は充実しており、いつでも20代という気持ちでやっている。死ぬまで現役でいたい」(似鳥氏)。

満を持してのエース登板

新社長になる白井氏は、似鳥氏と同じ北海道の出身。宇都宮大学工学部を卒業後、1979年に新卒でニトリに入社した。2014年からは、ニトリHD副社長と事業子会社であるニトリの社長を兼務している。

今回の社長就任についても、臆するところはなさそうだ。「社員が100人に満たない時代から似鳥社長とやってきた。自分の会社というつもりだ」と、白井氏は意気込む。

次ページなぜ今、社長交代なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT