小林製薬、爆買い中国人も飛びつく「神薬」

「熱さまシート」など独特なネーミングで脚光

小林製薬がニッチ市場に参入した理由が、1956年から本社を置く大阪市道修町にある。ここは、江戸時代から続く「薬の町」。現在でも、第一三共や大日本住友製薬をはじめとした、大小の製薬会社がオフィスを構える。その中で勝ち残るために考え出されたのが、競争の激しい市場を避け、自ら新しい市場を作るという戦略だったのだ。

1969年には、当時まだ珍しかった水洗トイレ用消臭芳香剤「ブルーレット」の発売をもって、日用品市場にも参入。現会長の小林一雅氏が社長に就任した1976年以降は、熱さまシート(1994年)、「ブレスケア」(1997年)など、現在の看板商品が次々と生まれた。

中国人が「薬箱にほしい」と熱望

「サカムケア」などは、ドラッグストアの中国人観光客向けコーナーで、いまや定番になった(スギ薬局神田駅東口店)

必需品ではないが、あると便利。そんな同社の製品に惚れたのは、日本人だけではない。2014年10月、中国の大手ポータルサイト『捜狐』に掲載されて以降、大きな話題となったのが、「日本に行ったら買うべき12神薬」の記事だ。

そこに、小林製薬のサカムケア、熱さまシート、「アンメルツヨコヨコ」など、5つの商品が紹介された。同時に、中国人観光客が押し寄せる大阪や東京のドラッグストアで、これらの商品が”爆買い”の対象になる。一番人気のサカムケアは、「家庭の薬箱に1つほしい」(中国人消費者)とまで言われる人気ぶりで、2015年4~12月期に前年同期比3倍以上の伸びを示した。さすがに日本語の商品名は読まれないものの、「液体絆創膏」の漢字表記と、ささくれた指が書かれたパッケージが効いたという。同社全体では、同期のインバウンド売上高は、国内事業全体の4%で33億円程度にのぼる。今後は、ここで得た海外顧客情報を、現地展開の足掛かりにする考えだ。

小林章浩社長は「海外売上高を現在の1.5倍の200億円にすることが私の使命。まずは、訪日中国人に人気のアンメルツヨコヨコを、現地で展開したい」と息巻く。ナニワのユニーク企業が世界に羽ばたく日は来るか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。