日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく 菊地浩之著

日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく 菊地浩之著

財閥とは、日本経営史の研究者である森川英正の定義によると、「富豪の家族・同族の封建的な所有・支配下に成り立つ多角的事業体」となる。

本書は、幕末から明治初期にかけて興った三井、三菱、住友から鴻池、野村、旧鈴木、日産コンツェルンまで主要財閥の沿革をなぞりながら、財閥傘下企業が戦後、どのように解体され、あるいは再編されて現在に至ったのかを、企業集団・企業系列の専門家である著者が解説したもの。

「血は水よりも濃い」財閥系企業が、いかに日本の近代化や高度経済成長に果たした役割が大きかったかがわかる。

近年、企業の合併・統合でどの企業がどの系列かわかりづらくなった中、各財閥の詳細な系統図が掲載されている。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT