太陽系の外縁部に「第9惑星」がある可能性

地球の10倍の質量

 1月20日、米カリフォルニア工科大の研究チームが、海王星の外側に太陽系9番目の惑星が存在する可能性があると発表した。コンピューターシュミレーションで説明する同大のブラウン教授(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 20日 ロイター] - 米カリフォルニア工科大の研究チームは20日、海王星の外側に地球の約10倍の質量を持つ太陽系9番目の惑星が存在する可能性があると学術誌で発表した。コンピューターで分析したところ、この惑星は地球と太陽の距離の50倍以上離れた軌道を回っていると考えられるという。

これまでのところ、直接観測はされていない。

同大のマイク・ブラウン教授らは、天体が密集する太陽系外縁部の「カイパーベルト」という領域で、既に存在が確認されている他の天体への重力の影響を分析。この結果、新たな惑星が存在するとの予想に至った。

太陽系の第9惑星はもともと冥王星だったが、ブラウン教授らの研究によって、2006年に準惑星に降格となった経緯がある。同教授は「冥王星が惑星でないことに腹を立てる人も、まだ発見されていない惑星があることにスリルを感じるかもしれない」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。