「スター・ウォーズ」次回作は2017年12月公開

2017年5月から延期

 1月20日、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の次回作エピソード8の公開が2017年12月15日になると、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが20日発表した。写真は2015年12月の欧州プレミアの様子。(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の次回作エピソード8の公開が2017年12月15日になると、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが20日発表した。当初は17年5月の公開が予定されていた。

夏休み中の公開はかなりの興収が見込めるものの、ディズニーは昨年12月公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の記録的な大ヒットを受けて、次回作の公開延期を決めたとした。

エピソード8はライアン・ジョンソン監督がメガホンをとり、今年2月からロンドンで撮影が始まる。エピソード7で新たに登場した主人公レイやフィン、ポー・ダメロンなどによる物語の続編とみられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。