初代ロッキー宣伝マン、「クリード」を語る

若い監督の起用で浮かび上がった新たな魅力

公開中の『クリード チャンプを継ぐ男』はロッキーシリーズのスピンオフの位置付け(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
第49回アカデミー賞作品賞ほか3部門を獲得した不朽の名作『ロッキー』の遺伝子を受け継いだ最新作『クリード チャンプを継ぐ男』が12月23日から全国公開されている。
幾多の強敵と戦い、リングに立ち続けてきたロッキー。あらゆる栄光を手にした彼だったが、ただ一つ、彼の後継者だけは得られなかった。そんな彼のもとに、かつて死闘を繰り広げたライバルにして親友であるアポロの息子・アドニスが現れる。その純粋さとボクシングにかける情熱に、亡き親友アポロの影を見たロッキーは、トレーナーとしてアドニスをサポートすることにする――。
ひたむきに前に進めば、いつか夢はかなう。そんな『ロッキー』のスピリットを正面から受け継いだ本作は多くの支持を集め、『ロッキー』シリーズ最高となるオープニング成績を記録。さらに先日発表されたゴールデングローブ賞の助演男優賞では、シルヴェスター・スタローンがノミネートされるなど、話題を集めている。
今回、1977年に日本で公開された『ロッキー』と、この『クリード チャンプを継ぐ男』の両作品の宣伝を当している宣伝マン、浅川泰行氏に『ロッキー』公開当時の話、そして新作について聞いた。

過去の連載一覧はこちら

ロッキーは恋愛映画で売ろう

――浅川さんが『ロッキー』の宣伝を担当した当時は、まだアカデミー作品賞を獲得する前だったと思いますが。

当時はまさかアカデミーをとるなんて思っていなかったですね。ただ、配給は(ハリウッドメジャー、ユナイテッド・アーティスツの日本法人である)ユナイト映画で、『ロッキー』の前年に、ジャック・ニコルソンの『カッコーの巣の上で』がオスカーをとっていたんです。そして『ロッキー』が来て、その後は『アニー・ホール』『ディア・ハンター』と4年連続でオスカーをとりました。立て続けにアカデミー賞を獲る、それがユナイトの持ち味でした。

次ページ『ロッキー』公開当時の様子とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT