初代ロッキー宣伝マン、「クリード」を語る

若い監督の起用で浮かび上がった新たな魅力

ロッキー1作目の宣伝用写真。当時は紙焼きの写真を媒体に配っていた

宣伝ヒットの極意は3H

――『ロッキー』の宣伝で学んだことはありますか?

僕は1作目と2作目を宣伝したんですが、1作目でオスカーをとったんで、2の時はスタローンを日本に呼びたかった。でも次回作があるからということで、なかなか来てもらえなかったという記憶がありますね。今はイベントを組んだり、キャストや監督を招聘することができますが、当時は映画の内容で売る時代だった。

浅川泰行(あさかわ・やすゆき)/ 現在は宣伝会社のレオ・エンタープライズ株式会社所属。『クリード チャンプを継ぐ男』ではチーフ宣伝プロデューサーを担当する

僕も年齢的に若かったから、ロッキーに影響されて生卵を3個飲みました。でもその後、病院に行ったら「スポーツをやっている人はいいけど、何もスポーツをしていない人が3個も飲んだらアウトですよ」と言われました(笑)。でもそこで知ったのは、宣伝する映画の中から何かを受け継ぐこと。そういう宣伝をしないと、映画を作った人に申し訳ないという気持ちがありました。

それから街の中を走るシーンにも影響されて、ロッキーと同じトレーナーを着て、朝、戸越銀座を走ったことがあります。映画と同じような感覚を得たかったんですよね。だから当時、上司から「浅川君、あまり映画化から影響受けないで。映画と同じようなことはやらないでよ」と言われていました。

 その後も、『リーサルウェポン3』をやったときは、メル・ギブソンが着ていたようなブルーのシャツとジーンズを着て、売り込みに行きましたし、他社作品ですが、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』をやったときはジョン・ローンの着ていたトレンチコートがカッコよかったんで、同じようなコートを買って売り込みに行ったりもしたんですけどね。

――最後に、浅川さんの宣伝の極意を若手に伝授していただけないでしょうか?

あまり人には言わないんですが(笑)。まずはヒート(Heat)。作品に対して熱くならなくてはダメ。そしてハングリー(Hungry)。貪欲に売り込まなくてはダメということ。そしてヘルシー(Healthy)。健康的にいることがいちばんということなんですが、これがいちばん難しい。とにかく、この3つのHを使って、ヒット(Hit)を狙うということですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT