「ミニシアター」はもう過去の古い文化なのか

トレインスポッティング続編と映画界の20年

4月8日から公開されている、現在公開中の『T2 トレインスポッティング』は、およそ20年前、ミニシアターブームの象徴的な作品『トレインスポッティング』の続編となる (写真:配給会社提供)

1990年代、映画界はミニシアターブームの真っただ中にあった。ミニシアターと呼ばれる劇場が個性的な作品を上映し、新しいポップカルチャーの風をつかもうと、若者達がこぞって劇場に足を向けた。当時は「その映画館で上映されているから作品を観に来た」という、劇場の固定客となる映画ファンも多かった。

前作はミニシアターブームを牽引

そんなミニシアターブームを牽引した作品のひとつが、1996年の大ヒット作『トレインスポッティング』だ。スコットランドに暮らすジャンキーたちの明るく悲惨な青春模様を斬新な感覚で描きだし、1990年代ポップカルチャーの金字塔として、いまなおファンの間で語り継がれている。

この4月から、21年の時を経てその続編が公開されている。そのタイトルは、『T2 トレインスポッティング』。ダニー・ボイル監督、そしてユアン・マクレガーらオリジナルキャストが集結した続編『T2 トレインスポッティング』が4月8日から公開されている。劇中では、いつまでも大人になれない4人のダメ男たちの人生が、およそ20年という歳月を経て再び交錯している。

次ページおよそ20年で映画の環境は激変した
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT