「ミニシアター」はもう過去の古い文化なのか

トレインスポッティング続編と映画界の20年

4月8日から公開されている、現在公開中の『T2 トレインスポッティング』は、およそ20年前、ミニシアターブームの象徴的な作品『トレインスポッティング』の続編となる (写真:配給会社提供)

1990年代、映画界はミニシアターブームの真っただ中にあった。ミニシアターと呼ばれる劇場が個性的な作品を上映し、新しいポップカルチャーの風をつかもうと、若者達がこぞって劇場に足を向けた。当時は「その映画館で上映されているから作品を観に来た」という、劇場の固定客となる映画ファンも多かった。

前作はミニシアターブームを牽引

そんなミニシアターブームを牽引した作品のひとつが、1996年の大ヒット作『トレインスポッティング』だ。スコットランドに暮らすジャンキーたちの明るく悲惨な青春模様を斬新な感覚で描きだし、1990年代ポップカルチャーの金字塔として、いまなおファンの間で語り継がれている。

この4月から、21年の時を経てその続編が公開されている。そのタイトルは、『T2 トレインスポッティング』。ダニー・ボイル監督、そしてユアン・マクレガーらオリジナルキャストが集結した続編『T2 トレインスポッティング』が4月8日から公開されている。劇中では、いつまでも大人になれない4人のダメ男たちの人生が、およそ20年という歳月を経て再び交錯している。

次ページおよそ20年で映画の環境は激変した
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。