「ミニシアター」はもう過去の古い文化なのか

トレインスポッティング続編と映画界の20年

4月8日から公開されている、現在公開中の『T2 トレインスポッティング』は、およそ20年前、ミニシアターブームの象徴的な作品『トレインスポッティング』の続編となる (写真:配給会社提供)

1990年代、映画界はミニシアターブームの真っただ中にあった。ミニシアターと呼ばれる劇場が個性的な作品を上映し、新しいポップカルチャーの風をつかもうと、若者達がこぞって劇場に足を向けた。当時は「その映画館で上映されているから作品を観に来た」という、劇場の固定客となる映画ファンも多かった。

前作はミニシアターブームを牽引

そんなミニシアターブームを牽引した作品のひとつが、1996年の大ヒット作『トレインスポッティング』だ。スコットランドに暮らすジャンキーたちの明るく悲惨な青春模様を斬新な感覚で描きだし、1990年代ポップカルチャーの金字塔として、いまなおファンの間で語り継がれている。

この4月から、21年の時を経てその続編が公開されている。そのタイトルは、『T2 トレインスポッティング』。ダニー・ボイル監督、そしてユアン・マクレガーらオリジナルキャストが集結した続編『T2 トレインスポッティング』が4月8日から公開されている。劇中では、いつまでも大人になれない4人のダメ男たちの人生が、およそ20年という歳月を経て再び交錯している。

次ページおよそ20年で映画の環境は激変した
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。