南ア大統領「アフリカ大陸は最大」発言を訂正

「大統領は過ちを後悔している」と声明

 1月18日、南アフリカ大統領府は、「アフリカ大陸は世界最大」と述べたズマ大統領の発言を訂正する声明を発表した。写真は昨年12月15日、視察先で講演する同大統領(2016年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[ヨハネスブルク 18日 ロイター] - 南アフリカ大統領府は18日、「アフリカ大陸は世界最大」と述べたズマ大統領の発言を訂正する声明を発表した。

昨年12月9日に行われた財界人との夕食会で述べたもので、大統領は「アフリカ大陸は全大陸を合わせた大きさをもつ」とも発言した。

大統領は正式な教育を受けておらず、複雑な新興経済を率いる人材として適していないと主張する反対勢力にとって、今回の発言は格好の批判材料となっている。

声明は「アフリカ大陸は人口規模としては第2位で、この点で最大なのはアジア。大統領は過ちを後悔している」と述べた。

大統領府が発言から約6週間を経て訂正を発表した理由は不明。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT