ニュースを制する拡散インフラはどこなのか

Facebook、Apple、Google「頂上決戦」の行方

これに対して、「ビジネスインサイダー」が主催したカンファレンスで、同誌記者からこの点を質問されたBuzzFeed CEOのジョナ・ペレッティ氏はこう語っている(記事1記事2)。

「理由のひとつとして、Facebookがグローバルで、BuzzFeedもグローバルなことだ。そこで、グローバルのオーディエンスを楽しませるビジュアルコンテンツを製作できる機会があるとわかっている」

「約3年前にわれわれが理解したことのひとつは、フードとライフスタイルの情報は、人々が本当に好きでシェアしたがることだ。(中略)われわれは定期的に実験を繰り返す多数のジェネラリストを抱えている。(中略)チームのなかにはFacebook動画に夢中になっている人たちがいる」

記者からFacebookがパブリッシャーに明確な収益方法を提示しないことや、リーチを稼ぐために資金をつぎ込まなくてはいけないことを指摘されると、ペレッティ氏はこう答えた。

ペレッティ氏の語ったこと

「Facebookは1年前まで動画機能を持っていなかった。いまや数百億の視聴をBuzzFeedや広告主に提供している」

「プラットフォームの戦略がメディアの戦略とマッチしていないとき、何かが起きると思う。プラットフォームはときに『メディアたちがコンテンツを作ってほしくない。セレブのような個人が作ればいい』と言う。(中略)しかし、Facebookに関しては、ニュースフィードは、われわれが製作するニュース、情報、動画、画像、テキストを人々が消費する方法として、とても支配的になっている。もしコンテンツ製作費が高騰すれば、この種のコンテンツを生み出す唯一の方法は、人々に(コンテンツ製作という)ビジネスを確立させることを認めることだ」

実際、FacebookはBuzzFeedに対して、世界規模のバズ供給のインフラを提供している。ソーシャルメディアのおかげで、世界は確実に小さくなっており、情報拡散メカニズムの新しいグローバル化と言える。

次ページ時間差で世界に拡散していく
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT