iPhoneニュースアプリが抱える課題とは?

参加パブリッシャーは不満を漏らしている

Apple「News」に不満が広がっている(撮影:大澤誠)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

雑誌『タイムマガジン』などを刊行する大手出版社タイムの代表取締役ジョー・リップ氏は2015年11月5日、米政治メディア「ポリティコ」による電話取材にて、Appleのニュースアプリ「News」に対する不満を漏らした。だが、それは氷山の一角でしかない。

2015年9月16日、iOS9と同時にリリースされてから2カ月強。Appleの「News」については、ほかのパブリッシャーたちの間でも、トラフィックからユーザーエクスペリエンス、そしてAppleから提供されるデータまで、さまざまな不満が広がっている。新たなプラットフォームで、どれくらいのトラフィックが集まるかを事前に判断することは難しい。

すでにNewsのユーザーは約4000万人

しかし、「News」がホーム画面に追加されたiOS9は、かつてないほどアップグレード率が高く、11月2日までにiPhoneユーザーの66%が入手している。また、2015年10月のAppleの発表によると、「News」のユーザーは、すでに約4000万人もいるという。

そのような状況からAppleの「News」に、広範囲に渡ってコンテンツを拡散できる能力が期待された。また、新たなオーディエンスの獲得につながると考えられたため、パブリッシャーたちはそれぞれのコンテンツの多くを「News」に提供している。

多くのパブリッシャーは、Appleとの関係を悪化させまいと、取材には答えてくれなかった。だが、とあるパブリッシャーによると「トラフィックは期待外れだ」という。

次ページなぜ期待外れなのか
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。