iPhoneニュースアプリが抱える課題とは?

参加パブリッシャーは不満を漏らしている

Apple「News」に不満が広がっている(撮影:大澤誠)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

雑誌『タイムマガジン』などを刊行する大手出版社タイムの代表取締役ジョー・リップ氏は2015年11月5日、米政治メディア「ポリティコ」による電話取材にて、Appleのニュースアプリ「News」に対する不満を漏らした。だが、それは氷山の一角でしかない。

2015年9月16日、iOS9と同時にリリースされてから2カ月強。Appleの「News」については、ほかのパブリッシャーたちの間でも、トラフィックからユーザーエクスペリエンス、そしてAppleから提供されるデータまで、さまざまな不満が広がっている。新たなプラットフォームで、どれくらいのトラフィックが集まるかを事前に判断することは難しい。

すでにNewsのユーザーは約4000万人

しかし、「News」がホーム画面に追加されたiOS9は、かつてないほどアップグレード率が高く、11月2日までにiPhoneユーザーの66%が入手している。また、2015年10月のAppleの発表によると、「News」のユーザーは、すでに約4000万人もいるという。

そのような状況からAppleの「News」に、広範囲に渡ってコンテンツを拡散できる能力が期待された。また、新たなオーディエンスの獲得につながると考えられたため、パブリッシャーたちはそれぞれのコンテンツの多くを「News」に提供している。

多くのパブリッシャーは、Appleとの関係を悪化させまいと、取材には答えてくれなかった。だが、とあるパブリッシャーによると「トラフィックは期待外れだ」という。

次ページなぜ期待外れなのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT