ソフトバンク、国内携帯販売に点る「黄信号」

キャッシュバックの神通力も終焉か

ユニークなTVCMが印象に残るソフトバンクだが、足元は苦戦している(写真:尾形 文繁)

国内携帯電話販売でNTTドコモ、au(KDDI)を猛追してきたソフトバンクが、ここへ来て大苦戦している。

ソフトバンクの主要回線契約は、新規契約から解約を差し引いた純増数がこの今年度第1四半期(2015年4~6月期)で2万件、第2四半期(同7~9月期)は3万9000件にとどまった。

これをライバルと比べてみると、NTTドコモは第1四半期が93万件、第2四半期96万件。KDDIは第1四半期52万件、第2四半期43万件。ソフトバンクの純増数は上位2社に比べて明らかに見劣りがする(ドコモは通信モジュールサービス数を含む)。

独自性が薄れ、勢いが落ちてしまった

週刊東洋経済11月14日号(9日発売)の特集は『どーなる!?僕らのケータイ料金」。賢いスマホとの付き合い方やソフトバンクの袋小路などに迫りました(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ソフトバンクは、日本で大人気となったアップルのスマホ「iPhone」を2008年に独占販売。それをきっかけとしてシェアを大きく伸ばしたものの、 KDDIが2011年から、ドコモも2013年からiPhoneの販売に乗り出したことから、ソフトバンクの独自性が薄れ、勢いは徐々にそがれてしまって いる。

数字に表れている以上に、販売の現場は厳しいようだ。

ある県の某販売代理店では、第1四半期に家族4人分で「2年合計55万円のキャッシュバック」を打ち出した。ところが、同県のソフトバンクの契約数は第1四半期で400件の純減となった。この販売店では同条件のキャッシュバック金額を第2四半期に計60万円に引き上げたものの、今度は3400件の純減になってしまった。

次ページ家電量販店の売り場から見える、国内販売の不振
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT