東大からハーバードへ渡った18歳の「本音」

世界基準で通用するには何が必要なのか?

ーーもともと海外の大学進学を考えていたのですか。

当初は日本の大学に行こうと思っていました。出身高校からの進学者が多いため、漠然と「東大を受験するんだ」という考えでした。

気持ちが変わったきっかけは2つあります。ひとつは高校1年生の秋に参加した模擬国連です。論理的で議論がとても上手い先輩とコンビを組んだおかげで、全国大会で最優秀賞を受けました。その結果、高2の春にニューヨークの国連本部で催された国際大会に参加できました。同大会でも運よく優秀賞を受けました。

その時に自分のなかで何かが変わりました。「世界から集まった同世代の人たちとも、どうにか渡り合っていけるのでは」と。遠い存在であった海外が身近に感じられた瞬間でした。

もうひとつはハーバードに進学した高校の先輩の影響です。その先輩から「高島は海外の大学に進んだ方がいいよ」って声をかけられたんです。理由はいまだに分からないんですけどね(笑)。

その誘いにまんまと乗せられて、「じゃあ一度大学を見てみるか」と、高2の終わりにハーバードに来ました。その時に海外の大学が身近になったというか。海外大が自分の進学先のひとつとして考えられるようになりました。

勉強以外の部分がすごすぎる

ーー実際に訪れてみて印象は変わりましたか。

特に感じたのは「みんな本当に勉強しているな」という点でした。やはり授業が大変な分、勉強しなきゃついていけない。

でも勉強だけじゃないんです。勉強以外も頑張っている。起業であったり、団体活動、音楽や演劇であったり、スポーツであったりと。教室外での充実した活動も、大学生活の一部なんだなと。

その時に聞いたひと言が今も記憶に残っています。「ハーバード生をハーバード生たらしめているものは、教室の外での活動である」。

僕も当時から、ラグビーや生徒会、模擬国連、ディベートなど課外活動に力を入れていました。同じように両立させて、新しいことに挑んで、輝いている大学生がいた。刺激を受けましたね。

実際に今もラグビー、ハーバードの学生新聞のカメラマン、HPAIR(Harvard Project for Asian and International Relations 、ハーバード生とアジアの大学生をつなぐ団体)、模擬国連、HCJI(Harvard College Japan Initiative、日本とハーバードの懸け橋となり、ハーバードの知日派を増やす団体)など、ハーバードだけで7つの活動に携わっています。

次ページ変わる自分を前向きにとらえたい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT