和服を否定?アカデミーヒルズの対応に波紋

履物の「一律禁止規約」を設けているワケ

なぜ雪駄がNGなのでしょうか?(写真 :チンク / PIXTA)

東京都港区の六本木ヒルズにある「アカデミーヒルズ」の会員制ライブラリーで、着物の履物をめぐってトラブルが起きた。

和服姿の男性が12月下旬、草履の一種である「雪駄(せった)」を履いて、施設に入ろうとしたところ、注意されたのだという。男性が疑問に思って利用規約を確認すると、ドレスコードの欄に「雪駄・下駄の着用はお断りしております」と書かれていた――。

「和装は草履や雪駄が正装であり、それを禁止することは和服を禁止することと同じだ」。そう考えた男性がアカデミーヒルズに再び出向き、禁止の理由をたずねると、「和装の履物は、留め具がついておらず、足の裏が履物から離れるので音がする」という返答だった。

「では、着物に革靴やスニーカーを履いてくればいいのか」と聞くと、職員は「そういうことです。別にお持ちいただいて履き替えても構いません」と話したという。

フェイスブック投稿で大きな反響に

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「着物が好きで、毎日着物を着ている」という男性は、このようなアカデミーヒルズの対応に納得できなかった。そこで1月5日、「着物が否定されました。悔しいです」という言葉で始まる文章をフェイスブックに投稿し、事の顛末を記した。

その投稿は大きな反響を呼び、いいねが4000件以上、シェアが2000以上に達した。コメントも200件以上投稿されているが、その多くは、「規則で和装の履物を一律に禁止するのはおかしいのではないか」という男性の主張に共感するものだ。

男性は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、メールで回答。「予想以上に反響があって驚いています。シェアやイイねの数もそうですが、有名な著名人にもシェアしていただいて、さらに拡散し、たくさんの方から自分の投稿に対しての意見をいただけたのは貴重でした」と、反響の大きさに驚きを隠さない。

次ページ「雪駄の着用」を禁止している理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。