イランが米海軍のボート2隻拿捕、13日に米側に引渡しへ

米政府は乗員の返還に向け努力

[ワシントン 12日 ロイター] - クウェートからバーレーンに向けて航行していた米海軍の哨戒艇2隻が12日、、イランに拿捕された。米国防総省高官は、拿捕された船に乗っていた乗員10人が13日早朝に解放される予定であることを明らかにした。

拿捕をめぐる状況は明らかになっていない。2隻の哨戒艇には女性1人を含む10人が乗船していた。

拿捕が明らかになった後、イランのザリフ外相は12日、ケリー米国務長官に対し、イラン側が拘束した米海軍ボートの乗員は速やかに解放されると表明していた。

米国防総省高官は、乗員引き渡しは、陽が上ってからの方が安全と説明した。イランが、乗員を公海まで送り、そこで米空母に乗り込む予定という。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。