「笑ってはいけない」の視聴数が急伸したワケ Hulu「年間視聴数」ランキング

印刷
A
A
「アンダー・ザ・ドーム」 © 2015 CBS Studios Inc.

ある田舎町を突然覆った巨大なドーム。密閉された極限状態の中、恐怖と混乱に陥る住人たちの人間ドラマと、ドームの謎と町に隠された秘密を解き明かしていくミステリーが世界中で大反響を呼んだ大ヒットドラマシリーズだ。

2015年7月にはファン待望のシーズン3を、全米での放送からわずか1カ月以内にHuluでスピード配信したことが視聴数を伸ばした要因だろう。

「笑ってはいけない」が記録的な視聴数になったワケ

3位は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」。

12月に配信開始され、わずか1カ月足らずの配信期間にもかかわらず連日記録的な視聴数を誇り、一気に3位にランクインした。

この番組は、松本人志vs 浜田雅功による対決企画の罰ゲームとして端を発した2003年放送の「絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅」に始まり、レギュラー出演者の山崎邦正(現・月亭方正)、遠藤章造、田中直樹ら全員が参加するようになった2007年放送の「絶対笑ってはいけない病院24時」など、大みそか恒例となった日テレの人気特番。今回の配信では、歴代の全シリーズを視聴できたことがユーザーの心をつかんだようだ。

2015年の年末に放送された「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!(2015年)」や、その未公開シーンを一挙放送したSP番組を、1月14日まで期間限定で配信している。また、1月10日(日)には“笑ってはいけない”シリーズ以前の傑作「松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅!(2001年)」と「浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ!(2000年)」が追加配信される。

4位にランクインしたのは、日本テレビ系にて好評放送中の「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」。

これは、ゲスト3名を徹底リサーチで比べていく爆笑トークバラエティ番組。Huluでは放送直後からの見逃し配信を行ったことが好評を博し、2015年の週間視聴ランキングでも常に上位に位置してきた。

ほかにも、上位には日テレの番組が数多くランクインしている。日テレは年間視聴率で2年連続3冠に輝き、人気番組が多い。Huluでは、今後も「日テレ効果」が大きくなっていきそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT