米国バイオエタノールの失敗--熱狂しても忘れるな!官製市場の落とし穴

拡大
縮小



 ブッシュ前大統領は、06年の一般教書演説でバイオエタノールの重要性を強調。翌07年には17年までに再生可能燃料を年間350億ガロン使用するという目標をブチ上げた。350億ガロンをトウモロコシで賄えば、米国の年間トウモロコシ生産量にほぼ匹敵する約120億ブッシェルが燃料になってしまう。

トウモロコシは世界の生産量の約4割、輸出量では約6割を米国が占める、米国依存度が極めて強い穀物だ。その米国のトウモロコシがすべて燃料用に回れば、世界中で食糧危機が起きかねない。そうした懸念が持たれる一方、投資資金はバイオエタノール業界に殺到した。

さすがにトウモロコシ全量をエタノール向けというのは現実的ではなく、07年末成立の「2007年エネルギー法」では、再生可能燃料を22年までに360億ガロンまで拡大するとしたが、トウモロコシエタノールは15年までに150億ガロンまでにとどめ、残りは非食用作物由来のエタノールで賄うとした。もっとも150億ガロンといっても07年当時の2倍以上の水準。米国のトウモロコシ生産量が増え続けなければ、輸出分がなくなる心配は残る。

結局、エタノール需要の増大は、トウモロコシと連動した穀物全般の価格高騰を招いた。むろん、穀物価格の上昇は新興国の需要増大、原油高、投機資金流入など、複雑な要因が絡み合っている。必ずしもバイオエタノールだけが犯人ではない。それでも「バイオエタノールの生産が、07/08穀物年度でトウモロコシ価格を約22%押し上げた」と、農林水産省農林水産政策研究所の小泉達治主任研究官は分析する。


関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT