日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか 竹内整一著

日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか 竹内整一著

「さらば」「さようなら」とは、本来「然(さ)あらば」「さようであるならば」ということで、もともとは接続の言葉。大阪弁の「ほな」、東北弁の「せば」「だば」もまったく同じ言葉遣い。世界の別れの言葉は、「神の御許に」「またね」「お元気で」のほぼ三つのタイプに大別されるが、「さようなら」はどれにも属さない。これには「今日」を「今日」として生きれば、「明日」は「明日」でなんらかのかたちでつながってくる、といった思いや期待がこめられる、日本人の別れのあり方や死生観と重ね合う。

「さよなら史の厚さがいい人生かどうか」を決める日本人のあり方を、別れの言葉に託した著名人の思いを通じて精神史研究者が分析する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。