「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? 細野真宏著

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? 細野真宏著

経済解説で人気の作家による初の新書。投資心理、アメリカ経済と金融危機、日本の公的年金問題というタイムリーな3テーマを解説した。

社会問題を考える際に「数学的思考」が大切であると著者は強調する。それは論理性と、仮説と検証を繰り返すことの二つで、その駆使によって「『矛盾』などに素早く気が付くことができる」。

たとえば「未納が増え年金制度が破綻する」という議論がある。しかし未納者は7000万人の年金加入者の5%以下で、制度を揺るがすものではない。数学的思考で考えると世間には誤った議論が多い。勉強で思考力を磨き、「“分かったつもり”から抜け出す」ことが、現代の問題の解決に必要と訴える。

扶桑社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。