藤森照信、素材の旅 藤森照信著

藤森照信、素材の旅 藤森照信著

聚楽土(じゅらく)、茅、クリ、柿渋、貝灰、鉄平石。これらに共通する要素は何か。

答え--すべて、伝統的な日本建築の素材である。聚楽土と貝灰は壁材、茅と鉄平石は屋根材、クリは構造材、柿渋は塗料となる。

本書は、日本建築の伝統素材20種類の生産現場を建築史家の著者が探訪した。

日本の伝統的な素材は、われわれにとって非常に疎遠なものとなり、現物に触れる機会がほとんどない。

たとえば檜皮(ひわだ)。字のとおりヒノキの樹皮で、寺社の屋根材料として使われる。日本だけで使われてきた素材で、ヒノキの木から正しくさえ剥げば、10年経つと樹皮は再生して、再び採取できるようになる。

しかし生産量が少なく、葺きの作業もひどく手間がかかるため、檜皮葺きは非常に値段が高い。何と坪当たり50万円もかかるという……などと、本書には興味深い話がたくさん収められている。写真もいい。

日本文化に関心の深い人にお薦めだ。

新建築社  2520円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT