藤森照信、素材の旅 藤森照信著

藤森照信、素材の旅 藤森照信著

聚楽土(じゅらく)、茅、クリ、柿渋、貝灰、鉄平石。これらに共通する要素は何か。

答え--すべて、伝統的な日本建築の素材である。聚楽土と貝灰は壁材、茅と鉄平石は屋根材、クリは構造材、柿渋は塗料となる。

本書は、日本建築の伝統素材20種類の生産現場を建築史家の著者が探訪した。

日本の伝統的な素材は、われわれにとって非常に疎遠なものとなり、現物に触れる機会がほとんどない。

たとえば檜皮(ひわだ)。字のとおりヒノキの樹皮で、寺社の屋根材料として使われる。日本だけで使われてきた素材で、ヒノキの木から正しくさえ剥げば、10年経つと樹皮は再生して、再び採取できるようになる。

しかし生産量が少なく、葺きの作業もひどく手間がかかるため、檜皮葺きは非常に値段が高い。何と坪当たり50万円もかかるという……などと、本書には興味深い話がたくさん収められている。写真もいい。

日本文化に関心の深い人にお薦めだ。

新建築社  2520円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT