PCデポ、「サービス特化」でつかんだ最高益

「商品は他社で買っていただいて結構です」

店内を見渡すと、商品がぎっしりと詰まった棚は一つもない。壁側に一部、カメラやプリンターのインクが置いてある程度だ。展示するPCも数台で、多くの商品を並べる家電量販店の常識では考えられない売り場だ。

相談コーナ-では、あらゆるPCやモバイル機器の問題に対処してもらえる

商品棚の代わりに置かれているのは「相談コーナー」。この店のターゲットは、PCやスマホなどを使いこなせないシニア層だ。

相談コーナーでは、「初期設定をして欲しい」「PCとスマホが接続できない」などといった、パソコン関連機器のあらゆる疑問に対応している。

こうした客にサポートサービスを提供したり、会員制のプレミアムサービスに加入してもらうことが、店舗の主な業務になっている。

業績悪化を機に大胆転換

PCデポは1994年の設立。Windows95などのブームを追い風に、順調に規模を拡大してきた。

だが、PC販売の勢いは徐々に鈍化していく。近年は新規需要から買い換えが中心の市場になり、「最新機種が出たからではなく、冷蔵庫や洗濯機のように壊れたら買い換えるようになってきた」(広報担当者)。また、タブレットやスマホの普及により、PCが壊れると、タブレットなどに買い替えるケースも増えていった。

店舗には修理の受付カウンターもあり、PC、モバイル端末などの修理に応じている

加えて、価格競争の激化やタイの洪水による部品高騰の影響を受け、2011年度の営業益は5.5億円と前年度の13.6億円から急降下。翌2012年度も8.7億円と低調だった。

そこで、薄利多売で外部環境の影響も受けやすい物販から距離を置き、サービスを中心に拡大させることで、2013年度の営業益は23.1億円へと一気に復活を遂げた。

また、当初はPCがサポートの中心だったが、対象をスマホなどの関連機器にも拡大。修理や各種設定のサポート機会を増やしてきたのだった。

ヤマダ電機やビックカメラといった大手の規模には及ばない。だが、他の量販店の営業利益率が3~4%台にとどまる中、PCデポは7%と頭一つ出ている。今後もサービスを軸とした店舗の新規出店や改装を進め、独自路線で成長を目指す方針だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT