厳しすぎる環境でも残る「街の電気屋」の知恵

なりふり構ってはいられない

東京・町田のでんかのヤマグチ。店頭には家電以外にエゴマ油、コメ、スイカなどが並ぶ。

「ウチは安売りしない」。

そう話すのは、東京・町田市で家電販売店を営む「でんかのヤマグチ」の山口勉社長だ。「ネットや家電量販店は安さでお客さんを奪い合っているが、ウチはまったく違う次元で勝負している」と話す。

安売りではなく、違う次元で勝負

週刊東洋経済7月25日号(21日発売)の特集は『ヤマダ電機 落日の流通王』です。わずか2カ月で50もの店を閉鎖したヤマダ電機に何が起きているのか。家電量販サバイバルの最前線に全38ページで迫りました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

家電は今や家電量販店で買うのが常識となり、街の電気屋は年々、減り続けている。かつて3万店近くあったパナソニックの系列店は、すでに2万店を割り込んだ。営業を続けている店にしても、経営者の高齢化が進んでいるうえ、親の苦労を見て子どもが後を継ぎたがらないため、後継者がいないケースも多い。

でんかのヤマグチは、そんな厳しい環境に負けず奮闘している。家電販売店と修理店の2店舗を構え、パートを含め46人の従業員を抱える。年商は約10億円、19期連続で黒字を維持している。近隣には町田駅前のヨドバシカメラをはじめ、ヤマダ電機やコジマ、ノジマなど郊外型の家電量販店も複数あるにもかかわらずだ。

年々消えていく街の電気屋さんの中にあって、その強さが注目を集めるヤマグチ。その秘訣は徹底した地域密着営業にある。

次ページ地域密着営業とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。