厳しすぎる環境でも残る「街の電気屋」の知恵

なりふり構ってはいられない

ヤマグチの家電製品の値段は量販店に比べて割高だが、それでもヤマグチで定期的に家電を購入する固定客は9200世帯に上るという。これはひとえに、日々のきめ細かなサービスが支持されてのこと。「地域小売店にしかできないことを続ければ、必ず活路はある」と山口社長は話す。

若いファミリー世帯に照準

東京・笹塚の電化のケイオー。顧客の中心は高齢者だが、若いファミリー層の開拓にも力を入れる。

一方、家電量販の主要な顧客層である30~40代のファミリー層をつかもうと奮闘している街の電器屋さんもある。たとえば東京・笹塚の家電販売店「電化のケイオー」だ。

「家のお母さんを元気にするサポートをしたい」。同店を運営する京王電業社の福田順亮専務はそう話す。現在、37歳の福田氏は創業60年になる同社の3代目だ。

今、必死に取り組んでいるのがリフォーム需要の開拓。リフォームを入り口にすれば、トイレ、風呂場やキッチン周りの家電販売にもつながる。電化のケイオーは自社で技術者を抱え、電気工事や水道工事、外装、屋根工事まで自社で対応する。複雑な工事は地場の工務店と連携して引き受ける。「家電単品の価格ではネットや量販店にかなわないが、リフォームであれば対抗できる」(福田氏)。

課題は若い世代との接点づくり。そのために、電池やプリンターのインクといった消耗品、小型家電のコーナーをつくり、まずは店に足を運んでもらおうと心掛ける。ファミリー層開拓のチャレンジは始まったばかりだが、家に関することは何でも相談に乗るなど、家電量販とは違った部分で自社の特色を出していくつもりだ。

後継者不足も深刻化

パナソニックには、創業者の松下幸之助が設立した「松下幸之助商学院」という、電器販売店の店主育成のための学校がある。いわば系列販売店の跡取り養成校だが、かつて年間約200人いた入学者は、現在では10人程度にまで減っているという。「若い人が入ってくるためには、まず電気店の仕事をどう知ってもらうかが課題」と前出の福田氏は語る。

週刊東洋経済は7月25日号(21日発売)の特集『ヤマダ電機 落日の流通王』(全38ページ)で、わずか2カ月で50もの店を閉鎖したヤマダ電機を含む、家電量販サバイバルの最前線を追った。

家電量販店、そしてインターネット通販がこれほど普及した今の時代、街の電気屋が生き残っていくのは容易ではない。高齢者の御用聞きになる、リフォームで家庭に入っていく――。価格以外の面で徹底した差別化を図っていかなければならない。生き残りのためには、なりふり構っていられる状況ではない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。