投資家の根(CON)比べが試される年になる

テクニカル面からみて日本株は売られすぎ

2つ目はOilのO。2015年のWTI原油先物は年30%も下落した。産油国は政府支出や海外投資の圧縮に懸命となっている。2016年に入ってサウジアラビアがイランと外交を断絶すると表明し、地政学リスクの高まりから原油価格は一時的に戻している。ただ、米シェールオイル・ガスの増産が続くうえ、イランが米欧の経済制裁解除で輸出再開すれば、原油市場の供給過剰は必至。中長期的な需給面からの底入れはみえにくい。今後もオイルマネーの縮小から世界の金融市場が不安定になる場面が想定される。

3つ目はNY市場のN。2015年のNYダウは年2%の下落で引け、戦後から続いていた米大統領選前年の株高神話が途切れた。2016年の最大の焦点は米大統領選。現状の政治や経済体制に米国民の不満が顕著となるなか、11月の投開票の行方は気掛かり。また、9年半ぶりの利上げに踏み切ったFRBは、今後のかじ取りが問われる。仮に米利上げのピッチを見誤ればハイイールド債市場等が揺らぎ、シェール開発企業の資金繰り悪化につながりかねない。中国経済の減速懸念、産油国の財政不安、米国の利上げピッチ等を計らいつつ、投資家の「根(CON)比べ」が試されそうだ。

年後半は積極的な売買が手控えられそう

ただ、日本株はテクニカル指標をみると売られすぎを示唆している。長期投資家の損益分岐点ともいえる200日線をマイナス6%近く下回り、株式市場の体温計ともいえる騰落レシオが底値圏の70%台まで低下している。昨秋以降の上げ幅(1万6930円→2万0012円)に対する半値押しや61.8%押し水準(1万8107~1万8471円)で下げ渋りつつあり、ここからの下値は限定的との見方もできよう。

2016年の日本株は平成初の5年連続高がかかる。まずNISA120万円拡充(1月)、中国春節(2月)、北海道新幹線開業(3月)、ジュニアNISA開始(4月)、伊勢志摩サミット(5月)が控える。年前半は個人マネーによる買い支えやインバウンド消費が下支えしそうだ。一方、参院選(7月)、リオ五輪(8月)、米大統領選(11月) が予定されている。年後半は日米政局を見極めるため、積極的な売買は手控えられそう。2016年の日経平均株価は年央高、予想レンジは1万8000円~2万1500円とみる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT