「繰延税金資産」のルール変更、企業に甘く?

安易に回収可能性が高くなる恐れも

 これらについて、繰延税金資産の回収可能性は、以下のように定められている。

分類1:全額回収可能。現行1号と同じ。

分類2:スケジューリング不能な将来減算一時差異以外の全額――すなわち、いつ税メリットを取り込めるか分からない繰延税金以外、ほぼ全額を回収可能とみるのは、現行の2号と同じ。ただし、現行2号と違い、企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた場合、スケジューリング不能な部分についても、回収可能性があるとみる。

分類3:おおむね5年以内を限度として回収可能とみるのは、現行の3号と同じ。ただし、5年を超える部分についても、企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた場合、回収可能性があるとみる。

分類4:1年以内を限度とするのは、現行の4号と同じ。ただし、企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた場合、分類2や分類3と同じように見なす。一方で、リストラ目的による大赤字かどうかは、判断基準にしない。

分類5:現行の5号と同じで、回収可能性を原則認めない。

これが新たな回収可能性の考え方

 以上の回収可能性を簡略化すると、以下のように言い換えられる。

分類1=現行の1号と同じ。

分類2=現行の2号+企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた、スケジューリング不能な部分。

分類3=現行の3号+企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた、5年超の部分。

分類4=現行の4号+企業が合理的な根拠を持って監査法人に説明できた、1年超・5年超の部分。※リストラ目的によるただし書きはなし。

分類5=現行の5号と同じ。

以上を見る限り、繰延税金資産の回収可能性の基準は、緩くなると考えられるだろう。

しかし、小賀坂副委員長は、「緩めているつもりはない。企業が判断する局面は増えるが、監査が緩くなるわけではない。IFRSには分類がなく、すべてを企業の判断に委ねているが、だからといって緩いかというと、そうでもない。緩いか緩くないかは、今後出てくる決算で、判断されるべきものだ」と、そうした見方に反論した。

今後、新たな実務指針を”悪用”する会社が出てくるか、どうか。第2、第3の東芝、新日本監査法人が、現れはしないか。それはひとえに、企業自身の自律、監査法人の姿勢にかかっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。