「繰延税金資産」のルール変更、企業に甘く?

安易に回収可能性が高くなる恐れも

様子が変わってくるのは次からだ。

3号(業績が不安定であり、期末における将来減算一時差異を十分に上回るほど、課税所得がない会社等)――すなわち大赤字になっていないが、黒字と赤字をいったりきたりしている会社だ。

4号(重要な税務上の繰越欠損金が存在する会社等。ただし、重要な税務上の繰越欠損金が、事業のリストラや法令の改正による非経常的な特別の原因で発生したものであり、それを除けば課税所得を毎期計上している場合)――つまり大赤字を計上した会社。ただしリストラによる巨額赤字は除く。

5号(過去連続して重要な税務上の欠損金を計上している会社等)――大赤字が続いている会社である。

全額回収可能からゼロまで

東芝の不正会計は投資家からの信頼を一気に損ねた(撮影:尾形文繁)

各号について回収可能性は以下のように見ることになっている。

1号:繰延税金資産の全額を回収可能とみる。

2号:スケジューリング不能な将来減算一時差異以外の全額――すなわち、いつ税メリットを取り込めるか分からない繰延税金以外、ほぼ全額を回収可能とみる。

3号:おおむね5年以内を限度として、回収可能とみる。

4号:1年以内を限度とする。ただし、リストラによる大赤字の場合、3号と同じ。

5号:回収可能性を認めない。

次ページ5年と1年の差は大きい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。