障害者雇用率ランキング、トップは5%を超えたヒューリック、2位はリヒトラブ《『CSR企業総覧』注目データランキング》

 

続いて業種別の集計を紹介しよう。こちらは10年度の障害者雇用率を開示している877社が対象。全体の平均は1.62%で法定雇用率の1.8%を下回る。今回の集計対象はCSR活動に積極的な企業が多いが、それでも全体では法定には達していないのが現状だ。

業種別で雇用率が高いのは、ゴム製品2.01%(10社)、電気・ガス業2.00%(11社)、保険業1.97%(10社)など。一方で低いのは、証券、商品先物取引業1.04%(10社)、倉庫・運輸関連業1.07%(9社)などだ。全体的に社数が多くないため、はっきりとは言えないが業種による差はありそうだ。

一般に障害者採用の開始当初はたいへんな苦労があるという。しかし、その後、「潜在的な能力の高さを知った」という声もよく聞かれる。経験を積むことで「障害者」を戦力と考える企業は確実に増えている。

これまで1.8%だった民間企業の障害者の法定雇用率は13年4月から2.0%に引き上げられる。これを「義務だから仕方ない」と考えるのか。あるいは「優秀な障害者をさらに受け入れるよい機会」と考えるのか。どちらの企業から将来、職場で活躍する障害者従業員が生まれてくるかは明らかだろう。

 

■障害者雇用率・業種別平均
業種 社数 障害者雇用率(%)
水産・農林業 2 2.05
鉱業 2 0.95
建設業 45 1.59
食料品 43 1.95
繊維製品 16 1.59
パルプ・紙 9 1.77
化学 64 1.67
医薬品 15 1.75
石油・石炭製品 3 1.69
ゴム製品 10 2.01
ガラス・土石製品 12 1.52
鉄鋼 14 1.73
非鉄金属 9 1.67
金属製品 20 1.44
機械 48 1.68
電気機器 93 1.71
輸送用機器 44 1.77
精密機器 17 1.60
その他製品 24 1.82
電気・ガス業 11 2.00
陸運業 10 1.92
海運業 6 1.15
空運業 2 1.77
倉庫・運輸関連業 9 1.07
情報・通信業 61 1.39
卸売業 91 1.41
小売業 62 1.79
銀行業 27 1.81
証券、商品先物取引業 10 1.04
保険業 10 1.97
その他金融業 13 1.61
不動産業 21 1.22
サービス業 54 1.39
全体 877 1.62
(注)2010年度の障害者雇用率の平均値を業種別に集計。『CSR企業総覧』2012年版掲載の1117社のうち2010年度の障害者雇用率を開示している877社が対象
(出所)『CSR企業総覧』2012年版

 

(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。