シャープの命運を握る鴻海と二つの銀行

シャープの命運を握る鴻海と二つの銀行

まさに正念場である。8月15日、シャープの株価は1974年以来、38年ぶりの160円台に落ちた。時価総額は1900億円を割り込んでいる。

来年3月までに669億円を出資し、9・9%を保有するシャープの筆頭株主になることで合意していたEMS最大手、鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)が、1株550円という条件の見直しに言及。調達資金の減少などが懸念され、株価は下げ止まるところを知らない。

8月2日に発表した2012年4~6月期決算は、液晶テレビの販売激減やパネル生産の不振から941億円の営業赤字に沈んだ。4月に公表したばかりの今期業績予想も、300億円の最終赤字から2500億円の赤字へ大幅下方修正している。

日本格付研究所(JCR)はシャープの長期優先債務格付けを「A+」から「A−」へ2段階引き下げると同時に、格下げ方向で見直される可能性の高いクレジットモニター(ネガティブ)に指定した。「今期の会社計画達成は予断を許さない状況。財務的にも十分なバッファを有するとはいえない」(JCR)。

確かに財務体質は急速に悪化している。6月末時点の有利子負債は1兆2000億円超。特に短期の有利子負債が増えていることが問題だ。

過去6カ月で短期借入金は約2000億円増加。増加分の多くは、みずほコーポレート銀行(メインバンク)と、三菱東京UFJ銀行(準メイン)が負担したもようだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。