現役層の就労支援に加え貧困高齢者の増加を防げ

現役層の就労支援に加え貧困高齢者の増加を防げ

生活保護制度の見直し機運が高まっている。厚生労働省の特別部会で議論されている生活保護制度見直しのポイントは、給付申請者に対する資産調査の強化、受給者の就労・自立支援や脱却インセンティブの強化などによる給付抑制だ。

背景にあるのは、受給者の急増に伴う生活保護費の増加だ。2012年度の生活保護費は3・7兆円と見込まれ、この10年で1・6倍以上に増加。保護費は基本的に税金で賄われている。増え続ける財政負担を抑えるため、現行の生活保護法が、1950年の施行以来、初めて抜本改正される可能性も高まってきた。

就労意欲を阻害する制度

生活保護の受給者は、戦後最少だった95年度の88万人をボトムに増え続け、昨年7月には205万人を超えて過去最多を更新。現在は210万人を突破している。

受給者急増の要因は大きく二つある。一つはリーマンショック後の雇用情勢悪化に伴う65歳未満の稼働年齢層失業者の増加、もう一つは人口高齢化による生活困窮高齢者の増加だ。

このうち稼働年齢層については、08年末の「年越し派遣村」と09年3月の厚労省の地方自治体に対する「速やかな保護決定」の通知を経て、受給者増加が加速した。11年度末の生活保護受給世帯152万世帯のうち、稼働年齢層を示す「その他世帯」の構成比は17%で、10年前の8%から急上昇している。この間、65歳以上の「高齢者世帯」や、「傷病者世帯」「障害者世帯」「母子世帯」の構成比は減少または微増にとどまる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。