EVの燃費向上や産業用ロボットの小型化などにつながる安川電機の新技術とは

 インバーター単独での小型化は他社も手掛けているが、コンバーターとの一体型を小型化したのは安川電機が初めてという。安川電機はインバーターで世界首位、産業用ロボットやサーボモーターなども手掛け、この分野における技術ノウハウを豊富に持ち合わせている。装置を一体型にすることで、モーターをより安定的に駆動させることができるという。 


(次世代ドライブシステム=左=と従来の汎用インバータ、体積がまるで違う)

 表舞台からは見えにくいが、この技術が具体的な製品に採用されるのは2014年度ごろになりそうだという。ただ、「まだ具体的なアプリケーション(適用方法)は設定していない」(技術開発本部・エネルギー変換技術グループ長の筒井幸雄氏)。

今後、さらなる小型化が進めば、ロボットにこの装置を埋め込むことも可能となる。ヒューマノイド(人型)や介護など向けのサービスロボットの高性能化にもつながるという。ただ、実際の製品の適用にはコストの壁がまだまだある。どれだけ広く普及することになるかは未知数だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。