「太らない」ために覚えておきたい食事の常識

カップの焼きそばとラーメン、太るのは?

『なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?』(道江美貴子著、クロスメディア・パブリッシング)。日本人のためのビジネスパーソンの最強食事術を掲載。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ですから、スリムな体の維持のためには、血糖値の急上昇を予防して、無駄なインスリンの分泌を抑える必要があるのです。カップラーメンやパンなどの炭水化物中心の食べ物は、食後の血糖値が上がりやすいため、食べ方にひと工夫が必要です。

では、先ほどのカップラーメンを太りにくくするならどうするか?

・手間をかけずに野菜炒め用カット野菜+卵をプラス

いちばん簡単に血糖値の急上昇を抑える食べ方は、炭水化物だけでなく野菜も一緒に食べること。インスタントのラーメンや焼きそばを太りにくくチェンジするなら、カップの製品より「袋麺」+「野菜」がおすすめです。野菜に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。麺類では難しいかもしれませんが、定食スタイルならば、野菜の料理から先に食べると効果的です。

焼きそばの場合も、チルドの焼きそばに上記のような具を入れてさっと炒めるだけで、カップ焼きそばよりもずっと栄養バランスがとれます。野菜も使いきりのカット野菜を使えば、無駄にすることはありませんし、包丁・まな板も使わず、カロリーカットしたうえに栄養もとれて一石二鳥です。

問2:牛丼と天丼、より太るのはどっち?

牛丼店や天丼店は、時間のないときにお店にパッと入ってすぐ食べられ、ファストフード感覚で使えるのが利点。働く人たち御用達のお店といえます。それでは、「牛丼」と「天丼」では、どちらがより太りやすいでしょうか?

正解は「天丼」です。

同じ丼ものでも、2つのカロリーを比べてみると、牛丼の約700kcalに対して、天丼は約850kcalと、天丼のほうが高カロリー。天ぷらは、唐揚げやフライなどの揚げ物の中でも、実は油を吸収する量がいちばん多いのです。中でもかき揚げは衣をたっぷり使うので、吸油率が最も高くなります。海老天丼よりも、野菜をメインで使うかき揚げ丼のほうが多少ヘルシーなように思いますが、実際はそうではありません。

一般的に、丼物はごはんの量が多く、主菜・副菜・汁物がそろう定食に比べて栄養バランスがとりづらくなります。ごはんの量を比べてみると、茶碗1杯が約150グラムなのに対して、牛丼店の並盛りは約260グラムもあります。太りたくない人には、不向きなメニューといえるでしょう。

次ページ丼ものを選ぶときの小ワザ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。