先行コマツ、強敵も参戦 “沸騰”無人ダンプ市場

その三一も近年超大型ダンプを造っているが、「一般建機のような存在感はまだない」(コマツの岩田常務)。中国メーカーは、まず中国国内で力をつけてから世界に繰り出すのが定石。ところが、この必勝パターンを鉱山機械では採ることができないでいる。中国には無人ダンプはおろか、超大型の鉱山機械を必要とする現場がほとんどないからだ。

中国は世界最大の石炭、鉄鉱石の消費国である一方、世界の40%強を生産する世界最大の生産国でもある。しかし、採掘の大部分は、地表から坑道を掘って採掘する坑内掘り。露天掘りの現場もあるが小規模で、30~40トン級の一般的な大型機械で事足りてしまう。

国内に鉱山機械の市場がないため、いきなり海外に打って出るしかないが、機械のトラブルが大きな損失に直結する鉱山会社向けでは、安値だけでは通用しない。高品質はもちろん、機械の生涯にわたり、鉱山の奥地でアフターサービスを徹底できるかどうかが成否を決める。「サービスは一朝一夕にはできない。お手並み拝見だ」(日立建機マイニング事業本部の高瀬利彰副本部長)。

コマツの野路社長は、「鉱山機械ビジネスのカギは二つ。顧客と信頼関係を築くこと、そして無人化だ」と言い切る。運行管理まで含めたシステム力が必要となる無人ダンプでは、土俵に立てるのは限られたプレーヤーだけだ。

先行するコマツ、追いかけるキャタピラー、日立建機──立ち上がった無人ダンプ市場をめぐり、大手建機の戦いが幕を開けた。

コマツの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(長谷川 愛 =週刊東洋経済2012年8月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT