匿名サンタクロースが48万4000ドルを寄付

米ウォルマートのギフト積立口座に

12月16日、米ウォルマートの店舗で、クリスマスプレゼント用の商品を取り置くサービスの支払口座に、計48万4000ドルが匿名の人物3人によって入金されたことが分かった。ニュージャージー州のウォルマートで11月撮影(2015年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[クリーブランド 16日 ロイター] - 米小売大手ウォルマートのオハイオ、フロリダ、ペンシルベニア州にある複数の店舗で、クリスマスプレゼント用の商品を取り置くサービスの支払口座に、計48万4000ドル(約5900万円)が匿名の人物3人によって入金されたことが分かった。

この商品取り置きサービスは、積み立てが満額になると商品が受け取れる仕組み。匿名の「サンタ」たちはこの口座に寄付したもので、支払いを受けた店の口座利用者の積み立ては満額となった。ほかにも、少額寄付の合計は数千ドルに達しているという。

ウォルマートは声明で「このような親切の一端を担えることを誇りに感じている」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。