待望の新車投入で三菱自動車が迎える正念場

そもそもミラージュは三菱自にとってのグローバル戦略車だ。「先進国では環境対応車として、新興国では求めやすいエントリーカーという位置づけで1台2役のコンセプトを具現化した」(ミラージュの開発を手掛けた岩田達・商品企画担当部長)。タイ、日本に続き、ASEANの他の国、豪州、欧州、米国でも投入していく予定だ。

ラムチャバン第3工場は、20万台まで増強が可能。状況を見ながら増産投資に踏み切るにしても、一定の時間がかかる。グローバル展開するだけの生産体制は整っていない。

「国内営業の立場としてはしっかりとした台数を要求していく」(五十嵐京矢・商品販促部長)とするが、ミラージュが国内で低調に終われば、日本への割り当ては減っていかざるをえない。

ミラージュの投入で、三菱自の国内販売は最大の好機と同時に最大の正念場を迎えている。

三菱自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(又吉龍吾 =週刊東洋経済2012年8月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT