キヤノンがついにミラーレス一眼デジカメ参入、カメラ王者の皮算用

キヤノンがついにミラーレス一眼デジカメ参入、カメラ王者の皮算用

カメラ最大手のキヤノンはミラーレスカメラを9月中旬に発売すると発表した。

ミラーレスはデジタル一眼レフのミラー構造などを取り除いて小型・軽量化したレンズ交換式カメラだ。新製品の「EOS M」は、一眼レフのエントリーモデルの最新機「EOS Kiss X6i」と同じ1800万画素の大型センサーを搭載しながらX6iより重量は5割近く軽く、価格も標準レンズ付きで約8・5万円と1・5万円ほど安い。

ミラーレスは2008年に初めて登場して以来、高画質で持ち運びに便利なことから、若者や女性を中心に人気が高い。今や国内のレンズ交換式カメラにおいて、一眼レフ対ミラーレスの割合は6対4となるほど存在感を増している。

キヤノンが狙うのは、コンパクトデジタルカメラからのステップアップ需要と交換レンズによるユーザーの囲い込みだ。

コンパクトは競争が厳しく採算が低下している。対して、市場が拡大しているミラーレスはコンパクトより価格が高いうえ、交換レンズはキヤノンのミラーレスにしか装着できないため、顧客が本体を買い替える際にキヤノンの製品が選ばれやすくなる。また、EOS Mは別売りのマウントアダプターを装着することで、60種類以上あるキヤノンの一眼レフ向け交換レンズも装着できることも売りにしている。一眼レフのレンズを使ってもらい、「最終的には一眼レフに移ってもらいたい」(佐々木統・キヤノンマーケティングジャパン専務)との期待があるほか、キヤノンの一眼レフユーザーのサブカメラとしての需要を見込む。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。