イスラエル首相の飼い犬、噛みつく

与党議員など来客2人に

 12月10日、イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。写真は同首相(右)と飼い犬、ケリー米国務長官。11月撮影。提供写真(2015年 ロイター/State Department Photo/Public Domain/Handout via Flicker)

[エルサレム 10日 ロイター] - イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が9日、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。

かみついたのは、カイヤと名付けられた10歳の雑種犬で、首相の息子が今年、施設から引き取った。与党議員や外務省高官の家族にかみついたが、深刻なけがにはならなかったという。

首相は8月にカイヤの写真をツイッターに投稿し、犬が好きな人は成犬の里親になることを薦め、「絶対に後悔はしない」とコメントしていた。

カイヤはケリー米国務長官にも会ったことがあるが、その時は危害を加えなかったようだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。