イスラエル首相の飼い犬、噛みつく

与党議員など来客2人に

 12月10日、イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。写真は同首相(右)と飼い犬、ケリー米国務長官。11月撮影。提供写真(2015年 ロイター/State Department Photo/Public Domain/Handout via Flicker)

[エルサレム 10日 ロイター] - イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が9日、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。

かみついたのは、カイヤと名付けられた10歳の雑種犬で、首相の息子が今年、施設から引き取った。与党議員や外務省高官の家族にかみついたが、深刻なけがにはならなかったという。

首相は8月にカイヤの写真をツイッターに投稿し、犬が好きな人は成犬の里親になることを薦め、「絶対に後悔はしない」とコメントしていた。

カイヤはケリー米国務長官にも会ったことがあるが、その時は危害を加えなかったようだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。