あなたの「客室乗務員」試験準備は間違いだ!

「CA」就職講座 今やっておくべきこと<2>

余計なお世話と思われるかもしれませんが、ESに貼る証明写真の予算は、削らないほうが良いです。よほど写真に慣れている方は別ですが、「清楚で品あるメイクをほどこし、笑顔で微笑み、CAの適性が見られるような自分を演出する」といった一連のことを、すべて自分でこなすのはかなり困難です。

写真は、プロにお任せするのが無難です。多くのCAの応募用証明写真を扱うフォトスタジオのHP上に見本となる写真がありますので、ご自身を表現するのに一番合ったフォトスタジオを選びましょう。

外資系航空会社にチャレンジされる場合はネット応募用の画像データが必要になる場合もありますので、データをもらえるところが便利です。(外資系は会社によって応募要項が日系とかなり異なります。注意してください)

腕のいいスタジオは、企業の採用活動が始まると予約がとりづらくなります。今のうちにご自身に合うスタジオを見つけ、納得のいく写真を準備できるようにしましょう。会社によってはスナップ写真提出が要求されますが、それついては、また別の機会にお伝えします。

ダラダラと何分も話さない

一次試験で敗退していくのがどのような方々なのか、みなさん、知りたくないですか?では、多くの内定者の証言から一次面接で敗退される方の特徴をお伝えしていきましょう。

「『端的に』と指示されているのに、一次面接ではダラダラと何分も話してしまう方が目立ちます。しかし、二次面接に行ってみると、そういう方は少なくなっている印象でした」、「私以外の方が、ずっと話し続けていて途中で自信を無くしかけましたが、自分を信じて私は面接官の方にわかりやすくポイントを絞って話しました」など、やはり端的に話せない方が非常に多いようです。

次ページ集団面接準備は会話トレーニングから
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。