【キーマンズ・インタビュー】女性採用比率5割、外国人採用3割というダイバーシティ人材戦略--村山啓・ローソン執行役員CHOに聞く

 

--他に進出する国はありますか? また中国店舗で働く従業員はどのように確保しますか?

中国以外にインドネシアにも進出している。他にもインド、ベトナム、ミャンマー、ハワイでの出店を検討している。

どの地域でも現地での雇用が原則で、9割以上が現地人。立ち上げ時に日本から行く者もいるが、ごくわずかだ。現地に持っていくのは日本人社員ではなく、日本で鍛え上げた店舗オペレーションだ。

一見するとコンビニエンスストアは、商品が並ぶ店舗だが、一つの店舗が氷山の一角として街中に浮いて存在するために、その下部には巨大な氷山のようなインフラが隠されている。決済、発注、ロジスティックスなどがITネットワークで本部と結ばれている。

海外に持っていくのは、このシステムだ。現地にも商店はあるが、ローソンのようなインフラを構築できるとは思えない。

--女性採用についてお聞きします。女性の採用比率を5割にした理由は?

ローソンは毎年100人程度を採用しているが、2005年の採用から女性比率を5割にした。それまでは男性7割、女性3割だった。

加盟店に対し、店舗経営に関する相談に応じ、加盟店の収益を最大化するのがスーパーバイザーだ。コンビニエンスストアは24時間営業なので、スーパーバイザーの勤務が深夜に及ぶことがある。昔の労働基準法では、女性の深夜勤務が認められておらず、スーパーバイザーは男性限定の仕事になっていた。その後に労基法が改正され、女性もスーパーバイザーとして働けるようになった。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT