【キーマンズ・インタビュー】女性採用比率5割、外国人採用3割というダイバーシティ人材戦略--村山啓・ローソン執行役員CHOに聞く

 

もう一つの理由は、2002年に新浪剛史が社長に就任し、発想の多様化を求めたことだろう。ローソンという会社は、男ばかりのモノカルチャーの会社だった。多様化するためには女性の新しい視点が必要だった。

--女性を増やしたことのプラスとマイナスを教えてください。

女性は積極的であり、真面目なことがプラスだ。男性は、研修でも斜に構えて言うことを聞かない者もいる。女性にはそういうひねくれた者はいない。

マイナスは女性の退職率が高いことだ。スーパーバイザーという業務は不規則であり、結婚、出産、育児というプライベートな負荷と両立しにくい。これは今後の大きな人事課題と認識している。

--早期から外国人を採用してきたとうかがいました。

外国人留学生の採用に2007年から取り組み、2008年春から採用している。目標は採用数の3割だ。

外国人留学生を採用する目的は、語学力への期待やグローバル市場への対応ではなく、女性採用と同じだ。発想を多様化し、われわれローソン社員の内なる国際化を推進するためだ。そのために3割を目標にした。

初年度の2008年の採用は10名だったが、2009年には122名の新卒採用のうち39名が外国人留学生だ。研修がどのようになるのか心配だったが、杞憂だった。外国人留学生は積極的でリーダーシップがあり、日本人はかなり強い刺激を受けた。研修での受け入れ先も最初は敬遠しがちだったが、配属してみると非常に評判がよかった。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT