【キーマンズ・インタビュー】女性採用比率5割、外国人採用3割というダイバーシティ人材戦略--村山啓・ローソン執行役員CHOに聞く

 

--現在は何名の外国人留学生が在社していますか? またその国籍は?

延べ106名の外国人留学生を採用したが、昨年の東日本大震災時に帰国した者もおり、現在の社員数は約90名だ。国籍は中国と韓国が多い。その他はバラエティに富んでおり、東南アジア諸国を中心に合計10カ国だ。外国人留学生ではないが、今年は清華大学から1名を採用している。

2008年、2009年に入社した者は店舗勤務を経て各部署で活躍している。外国人採用の主目的はグローバル市場への対応ではないが、今後は中国や東南アジアでの出店立ち上げに行ってもらい、そのノウハウを活かすこともあり得るだろう。

村山 啓
執行役員CHO兼ヒューマンリソースステーションディレクター。1986年ローソンジャパン(現ローソン)入社。近畿、中四国での人事業務を経て、2007年4月ヒューマンリソースステーションディレクター、2008年5月理事執行役員、2009年3月執行役員を経て、2011年3月より現職。

(聞き手:HR総合調査研究所(HRプロ) ライター:佃光博=東洋経済HRオンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT