「一休」が、アジアに一歩を踏み出す理由

台湾発祥のレストラン予約サイトに出資へ

一休は、2005年8月に東証マザーズに上場。本業の宿泊予約サービスから、周辺事業への拡大として、2006年6月に「一休.com レストラン」を開始した。宿泊業界の規模は3兆〜4兆円程度だが、外食業界なら20兆円以上もある。

空白地帯のアジアに足がかりを築く

EZtableは台湾発祥のベンチャー企業、2008年に創業したばかりだ(同社WEBサイト)

宿泊予約サイトでは先発組に入る一休も、レストラン予約サイトではぐるなび(1996年〜)やホットペッパー(2000年〜)といった競合が台頭していた。

海外でも1999年にサービスを開始した、米国「オープンテーブル」が圧倒的な存在感を誇る。

一休も宿泊予約と同じように、高級レストランの予約を中心に据えることで差別化を狙ったようだ。当時の資料によれば、「一休.com」ブランドの強化や、既存利用者の利便性向上、新規顧客の囲い込みを狙ったことが読み取れる。

ただ、前2014年度の売上高に当たる営業収益66億円のうち、主力の宿泊予約関連が8割に達しているが、そのほか、レストランやECなどの営業収益は2割程度にとどまっている。

今回、EZtableに出資することで、空白地帯になっているアジアに先鞭をつける狙いがありそうだ。

規模を追う同業に対して、一休は高級路線に特化することで差別化を図ってきた。初めてとなる海外企業への出資で、レストラン予約事業を成長軌道に乗せることができるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。