スター・トレックの名作を見逃してませんか SF映画の豊作年、主要4作品の見どころ

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
「パシフィック・リム」
(2013年/米国/130分)

太平洋の深海に生じた異次元の裂け目から次々と出現する巨大怪獣(=KAIJU)に対する地球代表は、2人組みの兵士が体内で精神リンクしながら操縦する巨大ロボット。

あらゆる場面で日本の怪獣ものロボットものへのオマージュを感じさせるが、さすが(巧みに)しっかりデル・トロ風味で料理されている。

海底の割れ目からは、徐々にカテゴリー度の高い(より強力な)KAIJUが現れ、チャーリー・ハナム&菊池凜子組ロボットを苦しめる。ストーリーを気にせず(苦笑)、終始繰り広げられる激しいバトル=VFXをひたすら楽しむSFアクション作だ。

「マン・オブ・スティール」
(2013年/米国/143分)

本来なら文句なしにマンスリー・アワードだろうが、通常なら映画3本分のストーリー展開(「惑星クリプトン消滅までのエピソード」「幼い頃から超人的なパワーを秘め持つクラーク・ケントの((あえて力を封印した))孤独な少年時代」「クリプトン星唯一の生き残りである最凶の侵略者ゾッド将軍率いる反乱軍との、人類の存亡を賭けた闘い」)がなされる超大作は、少々“詰め込み過ぎ”を感じた。

確かに観たことのない(?)迫力満点のVFX映像の連続に、興奮しっぱなしで充分楽しめはした。ケビン・コスナーにラッセル・クロウと、脇役陣も超豪華!

(文:たかみひろし/音楽・映像プロデューサー、『モノ・マガジン』2014年2月16日号掲載記事を一部加筆・修正)

モノ・マガジン編集部

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

『モノ・マガジン』はワールドフォトプレス社が発行するモノ情報誌。原則、隔週で発行している。公式サイトhttp://www.monomagazine.com/

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT