深刻な事故にもつながる「睡眠不足」の恐怖 睡眠のコツを実証的研究の結果とともに紹介

拡大
縮小

特に恐ろしいのが、両目を開けたまま脳が眠り、数秒間意識を喪失する「マイクロスリープ」という症状だ。2012年に行われたある実験では、32時間眠らずに慢性的な睡眠不足状態をつくり、器具をつけて脳の活動を測りながら運転した結果、運転中に20回以上もマイクロスリープが観測された。もちろん本人に自覚はない。

予防のためには、何よりもしっかりと寝ることだ。本書では快眠の秘訣も豊富に書かれる。「肉体よりも頭脳を使ったときのほうが眠くなる」「悩みがある時はベッドサイドにメモを用意し、自分が今抱えている問題とその解決方法を書くと寝つきやすい」「楽しいことを考えると寝つきやすい(楽しすぎて興奮するのは逆効果)」など、さまざまなコツが実証的研究の結果とともに紹介される。「自分に必要な睡眠時間を知る方法」「時差ボケ予防法」「いびき対策」なども役に立つだろうし、「赤ちゃんと同じベッドで眠るべきか」「赤ちゃんはなぜ一日中眠るのか」など子育てに関する話も興味深いものが多い。

中でも印象に残ったのが、昼寝の効用だ。昼寝は頭が冴えて仕事がはかどるだけでなく、健康にもよい影響をもたらす。20歳から80歳までの成人2万人以上に対して6年がかりで行われた調査によると、年齢や肉体的運動量を考慮しても、週に最低3回30分昼寝をしている人は心臓病で死亡する割合が37パーセント低かったそうだ。

夢遊病や夜驚症、睡眠学習など幅広い話題

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

真面目でためになる話以外にも、摩訶不思議で奇妙な話がたくさん出てくる。実際に見たことはないのだが、夢遊病者の行動は想像を超えていた。夜中に寝たまま裸で芝刈りをするなんていうのはまだかわいいほうである。高さ40メートルのクレーンの上で眠る少女がいたかと思えば、17歳の少年が夢遊病で4階の窓から足を踏み外し、アスファルトに落下して腕を折っても目覚めなかった例もある。

もし夢遊病を発症した人に出会ったら、いきなり起こそうとしたり体に触れたりしてはいけない。極端な例ではあるが、起こそうとした人が夢遊病者に銃で撃たれたり、ナイフで刺されて殺されたりという悲劇も起きている。穏やかに相手の名前を呼び、落ち着かせるような言葉をくり返すのが身のためだ。

さらに別の症状で、「夜驚症」というものもある。自分の身に重大な危険が迫っていると信じ込み、そのように行動してしまう症状だ。巨大な蜘蛛や恐ろしい侵入者、幽霊などの空想に支配され、当人は眠った状態のまま突然起き上がり、目を大きく見開き、叫んだり激しくつかみかかったりする。数分で終わったあとすぐにまた眠りに落ちるそうだが、この現象が起きている時の心拍数は1分間に160以上になるというから相当なストレスである。

ほかにも効率的な睡眠学習の方法、夢が持つセラピー効果、明晰夢(夢を見ている自覚のある夢)を見る方法など、著者の繰り出す話題は幅広い。睡眠本によくある難しい用語の羅列とは無縁で、読んでいて眠くなることがなかった。訳者あとがきに「睡眠百科」という表現が出てくるが、本書を最もよく表している言葉だと思う。

心理学の研究者である著者がなぜそこまで調べ上げるのか。それは、彼自身が数年前に夜驚症を発症したからだ。眠りに落ちた直後に冷や汗をかいて目を覚まし、部屋を見回すとクローゼットの前に悪魔が見えたという。実体験からくる切実さを考えれば、著者が紹介する研究にデタラメなものが混じっていないことは容易に想像できる。

睡眠という個人差の大きい領域だからこそ、多様な研究を知って視点を増やすことの意義は大きい。満足に眠れている人もそうでない人も、本書の数ある実験結果を参考に、自分にとって理想の睡眠を追求してみてはいかがだろうか。

峰尾 健一 HONZ

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

みねお けんいち / Kenichi Mineo

HONZ学生メンバー。1993年、横浜生まれ。横浜市立大学在学中。5歳から高校卒業までを秋田県で過ごし、大学入学と同時に横浜へカムバック。基本的に乱読派のため、好きなジャンルを絞りきれず困っている。最近は日本文化、音楽などに興味あり。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT