「日本ニューギニア探検隊」のヤバすぎる道中

これ以上はありえない世界最悪の旅とは?

峠さんの人生を一変させたこととは?(写真 :varuna / PIXTA)
人生がひっくり返るような苦労をしてみるのだ!

 

シンガー・ソングライターの峠恵子さんは、家族にも友人にも仕事にも恵まれて、何ひとつ悩みのない人生を送っていた。ところがある日、心の中に恐怖が生まれる。

「このままでいいわけがない」

私の最大の弱点――。それは「苦労を知らない」こと。その最大の弱点を不意に突かれてしまえば、きっと私はガラガラと音を立てながら脆く崩れ落ちてしまう。

峠さんの人生を一変させた日本ニューギニア探検隊

そんな時、偶然目にした雑誌の小さな記事が、峠さんの人生を一変させた。

日本ニューギニア探検隊 2001 隊員募集

 

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

それは「ヨットで太平洋を渡り、ニューギニア島の川をボートで遡上し、オセアニア最高峰カルステンツ・ピラミッド北壁の新ルートをロック・クライミングで世界初開拓する!」という、命の危険を伴う本格的な探検だった。

ヨットの操舵はもちろん登山経験もほとんどなかった峠さん。探検隊員になるためにスポ根ドラマばりのトレーニングを始める――かと思いきや、この参加動機を記した短いプロローグのあと、本文1ページ目にはいきなり油壷を出港してしまうのである。展開、早っ!

探検隊のヨット「チャウ丸」見取り図
次ページ探検隊のメンバーをご紹介!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。